医科クリニック経営に対するコンサルティング

HOME >> 医科クリニック経営に対するコンサルティング >> 医療と経営の調和を図る成長コンサルティング

医科クリニック経営に対するコンサルティング

医療と経営の調和を図る成長コンサルティング

民主党への政権交代をはじめとする激動の社会情勢において、診療報酬の配分変動など、
各診療科において個々に経営上の課題が浮き彫りになりつつあります。

医科クリニック経営においては、他の業界のような競争やマーケティングという観点ではなく、この業界に本来あるべき「人の健康と幸せに資する経営」に注力したブランド力構築、また医療スタッフの対応力、組織力、人間性の充実が、強固な経営基盤を構築するための土台となります。

私たちが考える医療業界の経営コンサルティングとは、医療機関1院1院が持つ独自性のある本来的な価値を活性化し、患者が満足を感じられる品質の高い医療を提供するための組織づくりと院長の医療人としての理想・目標を実現するための支援であるべきと考えます。

そのため、私たちは既存ビジネスのマーケティングスタイルをそのまま導入することなく、医療業界の特性に合わせた経営理論のカスタマイズや新しい医療経営ノウハウの導入を、更に各医院の個性に合わせた形で柔軟に行っていきます。

一部の自由診療が用いられる診療科目においては、医療事故が発生する原因として単なる儲け主義に走りすぎた結果、逆行する価格低下を引き起こし、無秩序な医療を提供するということが起こっています。そのような結果は医療機関において絶対にあってはならないことです。

また、医学部の大学教育のカリキュラムにおいては、経営に関する内容がほとんど存在しないことから、経営管理に慣れないまま経営者のポジションに入ることもあり、医療への情熱を注力するためには、外部の力を利用するスキルは必要不可欠なものになるでしょう。個人経営のクリニックにおいて、医療投資は非常に額が大きいこともあり、一度の判断ミスが危機的な状況を招くことも多いため、第三者の視点から客観的なアドバイスを求めることが有効な対策となります。

競争という言葉をクライアントは意識することなく、業績と医療品質の双方を相関関係として向上させるコンサルティングを実現することに注力しています。

医科クリニック経営に対するコンサルティング
医療と経営の調和を図る成長コンサルティング
院長の個性や理念・技術に合わせた保険診療と自由診療のバランス
「人」を中心とする組織の活性化
プレイングマネージャーである院長へのマネージメント・フォロー
個々人が持つ「医療人」としての理想と目標に向けての変化の創造
差別化の域を超え、医院の独自性で患者さんとの地域医療を実現するブランド形成
現状規模に合わせたオリジナルの支援スタイル

無料経営相談

歯科・医療経営に役立つ無料メールマガジン「幸せに成長する歯科・医療経営の種と仕掛け」
メールアドレスを記入してください。
読者購読規約

バックナンバー

Skype経営相談のご案内

クライアントの皆様から頂いたメッセージ

医療を育む心理学:実践的手法をご紹介

blog