コンサルティングの特徴

HOME >> 他社との違い・特徴
経営課題 コンサルティングスタイル コンサルティングの内容
コンサルティングの方法 コンサルティングツール 他社との違い・特徴
コンサルティングメニュー    

他社との違い・特徴

「クライアントの独自性」を活かしたコンサルティング、クライアントとの関わり方とスタンスにあります。

クライアントの皆様のお話をお聴きすると、以下のようなお声をいただきます。

「コンサルタントにありがちな(ありがちだと思っていた)提案の押しつけ、型にはまったマニュアル的なノウハウの提供ではないところに惹かれました。」

「私(経営者)の考え方や価値観をしっかりと共有しようという姿勢を強く感じ、またそれに単に迎合するということでもなく、私自身も漠然とやりたいと思っていたことの実現に対して柔軟に、多彩なアイデアで明確な方向性と具体策を示してくれるので、自分にもできる!!という確信をもって取り組める」

クライアントには、河原田とのコンタクトが自由に取れるよう、個別携帯電話もお知らせし、メール・FAXなどでいつでもコンタクトがとれるようにし、家族的なアプローチを重視しています。

また、歯科・医療という業界を中心とし「人が主役となる業界」に対する数多くの実績と知見を有するとともに、クライアントと一体となって、新たな業界発展の方向性を常に模索してきた結果、数多くのクライアントの方に温かいご支持をいただいております。

このような支持をいただけるベースには、その大きな特徴として、「人間心理に基づく専門理論」にコンサルタント自身が深く精通していることもあります。

近年ではビジネスにおける心理学ブームに便乗し、心理学を取り入れたとされるコンサルタントの方も数多くおられますが、当社のコンサルタントは学生時代から行動心理学の権威的学術機関でもある大阪大学、専門的な研究機関での経験も経て、心理学の実践的応用を常に学び、模索してきた経緯もあり、ベースとなる学術的な基盤や知見、そして現場での応用経験を数多く有しています。
近年では、NLP・LABプロファイル・DiSCなどの最新の実践心理学を取り入れると共に、NLPにおいては、その発祥である米国NLP協会の現理事、クリスティー・ホール博士に師事し、世界でNLPを教えるためのトレーナートレーニングを受け、認定トレーナー・アソシエート(Trainner Assosiate)として起業家育成や従業員教育にもあたっています。

また、コンサルタントとして必要不可欠な論理的思考の素地として、システムエンジニアとしての経験も有していることが特徴です。ITシステム開発・プログラミングの業務経験から培った論理性・ロジックの組み立ての能力が、様々な複雑に入り組んだ情報をシンプルに整理し、活用できるように構築するスキルの土台となっています(もちろん、ITに関わる専門知識それ自体も非常に貴重なリソースとなっています)。

これらのコンサルタントのベースとなる独自資産の上に、クライアントとの方との現場でのコンサルティング経験を数多く積み重ねてきたことで、現場の感性と「人を活かす」経営の支援手法に定評をいただいております。

経営課題 コンサルティングスタイル コンサルティングの内容
コンサルティングの方法 コンサルティングツール 他社との違い・特徴
コンサルティングメニュー    

無料経営相談

歯科・医療経営に役立つ無料メールマガジン「幸せに成長する歯科・医療経営の種と仕掛け」
メールアドレスを記入してください。
読者購読規約

バックナンバー

Skype経営相談のご案内

クライアントの皆様から頂いたメッセージ

医療を育む心理学:実践的手法をご紹介

blog