コンサルティングの特徴

HOME >> コンサルティングスタイル
経営課題 コンサルティングスタイル コンサルティングの内容
コンサルティングの方法 コンサルティングツール 他社との違い・特徴
コンサルティングメニュー    

コンサルティングスタイル

クライアントおひとりおひとりと二人三脚で業績向上・理想の組織作りをサポートします。

クライアントの成功を通じて、共に成長し合う関係性

経営コンサルタントは目に見える商品を取り扱う仕事ではありません。
それにも関わらず、多くの方々が当社の経営コンサルティングに対して投資をし続けていただける大きな理由は、その「関係性」にあると考えています。

駆け出しのコンサルタントはその経験の不足から、成功したノウハウや情報の提供がコンサルティングだと考えてしまう場合も多くあります。また、はじめてコンサルティングを検討されておられる方も、そのようにお感じになられていることが多いのではないでしょうか?

しかし、そのような仕事のスタンスでは、本当にクライアントに役立つコンサルティングを提供することはできません。なぜならば、単純なノウハウ、アイデア先行の考え方は、「コンサルタントとしてきちんと認められたい」「なにか物を提供しなければ契約が切られてしまう」といったコンサルタント自身の不安から、自分自身を大きく見せるという虚栄心により生み出されるものがほとんどだからです。

価値観や持てる経営資源、そこにいるスタッフ、何もかもが違う個性あるクライアントに対し、画一的な情報の提供を行ったとしても、それは個々のクライアントの成長を考えた対策としてほとんど役に立つことはありません。クライアントへの本当の成果を追及する上で、コンサルタント行うべきことは個々のクライアントによって、またその置かれた状況によって異なるものです。

そして、そのクライアントの成長を促す根っこの部分は、多くの場合、クライアント自身でも気づいていない場合が多く、また表面上に現れてはいません。現場を観察し、そして適切なコミュニケーションを通じてその根っこを探り出し、成長に必要な栄養分を与える。そんなオーダーメイドのサポートができるからこそ、コンサルタントとしての価値が生まれてくるのです。また、コンサルタントは個々のクライアントから得られる「課題」というリソースを通じて常に成長していきます。

時にクライアントの皆様から見れば実に鮮やかに課題を解消しているように映ることもあるようです。しかしそれは、経営理論に精通していることだけではなく、個々の課題に対して、実直に向き合いながら1つ1つ解決のプロセスを辿ってきた経験が蓄積されていることに拠る所が非常に大きいのです。

口先だけのアイデアやサポートだけを行ってきた場合には得られない、「誠実かつ継続的な関係性」を多くのクライアントと築き上げてきたコンサルタントだからこそ可能なスタイルであるともいえます。そのような能力を磨く上で大切なことは、コンサルタント業としての単純な経験年数ではなく、「コンサルティングに対する姿勢」が大きく影響すると考えます。

クライアントと共に成長し、そしてその関係性に感謝し、感謝されながら新たなリソースを開花させ続けることに、コンサルタントとしての実力が高まる要素が詰まっています。
おごり・高ぶり・傲慢な姿勢では、コンサルタントとして質の高い仕事はできません。

信頼し、共に成長する意思をお持ちいただいたクライアントに対して、コンサルタントとしての持てる経験と知恵、そしてネットワークなどの資源をフル活用できる関係性を築き、時として家族のように喜び、苦労をも分かち合う存在であることが、私たちが大切にするコンサルティングのスタイルです。

経営課題 コンサルティングスタイル コンサルティングの内容
コンサルティングの方法 コンサルティングツール 他社との違い・特徴
コンサルティングメニュー    

無料経営相談

歯科・医療経営に役立つ無料メールマガジン「幸せに成長する歯科・医療経営の種と仕掛け」
メールアドレスを記入してください。
読者購読規約

バックナンバー

Skype経営相談のご案内

クライアントの皆様から頂いたメッセージ

医療を育む心理学:実践的手法をご紹介

blog